地震
地震対策は家庭でも重要です。ラジオ、保存水、非常食、ペットの防災グッズのリストも常備しておきたいですね。パソコン、本棚、ピアノなどへの家庭でできる簡単な地震対策や格安防災グッズセット等についても紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地域での地震対策を知ることの必要性を前に述べましたが、今回は日本で一番地震対策をとっていると思われる2つの自治体をあげたいと思います。
まず第一には静岡県です。

静岡県では1970年代に大規模な東海地震がいつ襲ってもおかしくないということが発表され、それから地震対策が随分と進められてきました。
この発表は決していいかげんなものではなく、実際に静岡も含む東海地方は1日1日と地震に向かってカウントダウンしている、と言っても過言ではないことが研究によって明らかになってきています。
そのため静岡県では、全国に先駆けて地震に対する施策を実施してきました。
この東海地震は、前にも述べましたが被害が大きくなりがちな「海溝型」、いわゆるプレートのもぐりこみにより起こります。
前回の地震よりおよそ150年が経過していて、ゆっくりとエネルギーを貯めていると考えられているのです。
・・・人間から考えると、負のエネルギーですね。

被害の想定も早い段階からできており、研究を重ねた結果第3次の想定まで進んでいます。
これによると、条件にもよりますが、死者は最大で5000人を超えるという想定がでています。
ライフラインの断裂の想定や、推定震度、液状化の予想まで出ています。また当然海がありますから津波も想定したものになっています。

静岡県はこれらの被害を食い止めるために、およそ30年ほどかけて様々は整備を行ってきました。
緊急の輸送路の整備、そしていま他県でも叫ばれている教育施設などの耐震化。山崩れなどの防止柵の設置・・・・。

人々の地震に対する意識も私たちとは比べ物にならないくらい高いものになっています。
小さいときから防災グッズであるずきんを使った避難訓練が行われたりしていますしね。

もちろんだからと言って全てが万全で安心、というわけではありません。
しかし防災グッズなどを備えているのと全く無防備なのでは被害も違ったものになると思われます。静岡県では、すでに地震を受け入れている、ということもいえるのかもしれませんね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。