地震
地震対策は家庭でも重要です。ラジオ、保存水、非常食、ペットの防災グッズのリストも常備しておきたいですね。パソコン、本棚、ピアノなどへの家庭でできる簡単な地震対策や格安防災グッズセット等についても紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年6月14日午前8時45分ごろ、岩手県奥州市と宮城県栗原市で震度6強を記録した大変大きな地震がありました。
中国の四川省での地震からさほど間もなくこの日本での大地震に、恐怖を覚えた方も多かったのではないでしょうか。
この地震の震度は、昨年の新潟県中越沖地震以来の大きさでした。
そして都市直下型の地震としては、1995年の阪神淡路大震災と2000年の鳥取県西部地震に続きこの50年間で3回目だそうです。
3回目、でこの被害はどうだったのでしょうか。政府などによる地震対策は万全だったのでしょうか。
連日のテレビ放送で、その被害の大きさをまざまざと見せつけられました。
死者や行方不明者も多数でましたね。
被災された方々には、少しでも早く心の平安を取り戻せるようにと願うばかりの日々です。

都市直下型でしたが、メディアの関心はやはり土砂崩れのほうにあったように思われます。
土石流で押し流されてしまった栗駒温泉の様子は本当に胸が痛みました。

あれだけ大規模な落石や土石流がなぜおこったのか。火山灰の堆積による脆弱な地盤のため、とも言われたりもしていますがどうなのでしょうか。
専門家の方々に解明してもらって、早くそれを地震対策に生かせないものなのでしょうか。

私は直接の知り合いや親戚は東北にいないものの、友人の実家があったり友人の親族の家があったり、とやはりまったくの無関係というわけにはいきませんでした。

明日はわが身。地震大国日本に住んでいるからには、そのことを強く自分に言い聞かせる必要があると思いました。
防災グッズや日々の避難訓練など、あなたは心の準備や物資の準備を怠っていないでしょうか?
私も今回の地震では、自らを反省して防災グッズなどをそろえておきたいと思いました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。